予防をしていてもインフルエンザにかかってしまう事は、あると思います。病院などに行ってリレンザを処方されたけども持病がある人が併用しても大丈夫なのか、病気が悪化したりしないのか、等の疑問を持ちました。実際はどうなのか調べてみました。

インフルエンザの薬、リレンザ

リレンザとタミフルを同時に服用しても良いのか

リレンザはインフルエンザの治療や予防に使われている吸入タイプの薬なのですが、気道に繁殖したウイルスに直接働きかけることができるため、高い効果を発揮できるのです。対象となるのはA型とB型のインフルエンザウイルスであり、酵素の働きを阻害することで繁殖を抑えることができます。リレンザは専用の吸入器に装着して吸入するタイプのインフルエンザ治療薬であり、1回で連続して2回の吸入が必要となります。インフルエンザウイルスは繁殖力がかなり強いため、素早く吸入することがポイントです。リレンザを使用すると数日程度で症状が楽になるということですが、ウイルス自体はまだ体内に残っています。途中で吸入をやめてしまうとインフルエンザウイルスが再び増殖してしまうため、処方されたものはしっかり全て使い切るようにしましょう。インフルエンザでは症状に合わせてリレンザ以外のタミフルなどの薬が処方されることもあります。薬によっては同時に服用することで副作用が起こることもあるので注意しましょう。リレンザとタミフルの併用については問題ないということですが、それ以外の薬と併用を考えている場合、ドクターに相談してみることが大切です。インフルエンザは毎年のように流行しますし、インフルエンザ治療薬というとタミフルをイメージする人もいるでしょう。タミフルは直接インフルエンザウイルスに作用するという薬であり、その効果の高さが注目されています。タミフルは主にA型とB型のインフルエンザウイルスの増殖を抑えるための薬であり、他の薬と一緒に処方されることもあります。また、新型インフルエンザウイルスに対しての効果もあると言われており、服用することで通常よりも早くインフルエンザが治るということです。