予防をしていてもインフルエンザにかかってしまう事は、あると思います。病院などに行ってリレンザを処方されたけども持病がある人が併用しても大丈夫なのか、病気が悪化したりしないのか、等の疑問を持ちました。実際はどうなのか調べてみました。

インフルエンザの薬、リレンザ

リレンザと薬価と年度について

インフルエンザは2015年度も流行した感染症なのですが、2016年度も流行が予想されています。インフルエンザを治療したいという場合、リレンザなどのインフルエンザ治療薬を使う必要があるでしょう。この薬は病院で処方してもらうこともできますが、予防目的で事前に購入しておきたいという人もいるかもしれません。国内でリレンザを入手したいという場合、インフルエンザの症状が出てから病院に行く必要があります。中には予防ために処方してくれる病院もあるかもしれませんが、なかなか見つからないこともあるでしょう。そこで予防のためにこの薬を手に入れたいという場合、個人輸入代行サイトを利用するのがおすすめです。リレンザは日本だけでなく世界中で販売されており、外国では病院に行かなくても購入できることがあります。通販サイトを利用することで海外で作られたリレンザを手軽に手に入れることができるでしょう。個人輸入なら手軽に薬を入手できることはもちろん、薬価を抑えたいという人にもおすすめです。病院でリレンザを購入するためには医師による診断を受ける必要があり、薬価とは別にその費用もかかってしまいます。個人輸入なら薬価だけで購入することができるため、手軽にインフルエンザの予防ができるでしょう。海外で販売されている薬と聞くと不安に感じる人もいるかもしれません。しかし、信頼できる通販サイトなら質の悪い商品はありませんし、安心して購入することができるでしょう。ちなみに、リレンザをまとめ買いする場合、一度に購入できる量が決まっていることがあるので注意が必要です。リレンザは医薬品ということで一度に購入できるのは1か月分となっています。