予防をしていてもインフルエンザにかかってしまう事は、あると思います。病院などに行ってリレンザを処方されたけども持病がある人が併用しても大丈夫なのか、病気が悪化したりしないのか、等の疑問を持ちました。実際はどうなのか調べてみました。

インフルエンザの薬、リレンザ

リレンザの現在と保菌者について

家族などにインフルエンザの保菌者がいる場合、自身のインフルエンザに感染しないようにしっかり予防することが大切です。インフルエンザの予防と聞くとワクチン接種をイメージする人もいるでしょう。しかし、インフルエンザの予防方法はワクチン接種だけでなく、リレンザなどの薬を服用するという方法もあります。インフルエンザの治療でリレンザを使いたいという場合、病院で処方してもらう必要があり、薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。しかし、これは日本国内に限ったことであり、海外では薬局やドラッグストアなどで一般に販売されていることもあります。現在では海外から医薬品を手に入れることができます。海外の医薬品を手に入れたいという場合、個人輸入代行サイトを利用すると便利です。個人輸入代行サイトでは日本国内で処方されている薬だけでなく、その薬のジェネリックなども購入することができますし、病院で処方される場合よりも安い価格で手に入れられるというメリットがあります。わざわざ病院で診察を受ける必要もありませんし、経済的にもメリットがあるので個人輸入代行は人気が高くなっています。個人輸入代行サイトを利用することにより、リレンザ自体を安く購入できることはもちろん、ジェネリック医薬品を購入することもできます。ジェネリック医薬品は先発医薬品によりも価格が安いですし、個人輸入代行サイトによっては複数の商品を購入することで送料が不要となることもあるのです。しかし、海外で発売されているジェネリック医薬品の場合、外国人の体質に合わせて作られているため、日本人の体には合わないこともあるので注意しましょう。信頼できるところで薬を購入することが大切です。