予防をしていてもインフルエンザにかかってしまう事は、あると思います。病院などに行ってリレンザを処方されたけども持病がある人が併用しても大丈夫なのか、病気が悪化したりしないのか、等の疑問を持ちました。実際はどうなのか調べてみました。

インフルエンザの薬、リレンザ

室内とリレンザと筋肉痛について

インフルエンザは室内にいても感染してしまうことがあるため、きちんと対策を行うことが大切です。インフルエンザの治療薬といってもいろいろありますが、リレンザという薬は治療だけでなく予防にも使うことができます。インフルエンザは冬になると毎年のように流行しますし、一度はかかったことがあるという人も多いでしょう。インフルエンザウイルスの感染によって起こってしまうのですが、感染することで発熱などさまざまな症状が出てしまいます。また、関節痛や筋肉痛などが起こってしまうこともあるため、その原因と対処法について知っておくと良いでしょう。筋肉痛というのは運動に伴って起こる筋肉の痛みのことであり、慣れない運動を行うと痛みが発生してしまうことがあります。しかし、インフルエンザで起こる筋肉痛は、運動によって起こるものとは全く異なっています。インフルエンザウイルスが体内に侵入した場合、白血球からサイトカインという物質が分泌されるのですが、サイトカインと共に生成されるプロスタグランジンという物質が痛みを発生させるということです。ちなみに、プロスタグランジンには血管を広げて血液の流れを良くする効果や、体を発熱させてウイルスを倒すなどの役割があるため、とても大事な物質と言えるでしょう。また、プロスタグランジンは熱が酷い時ほどたくさん分泌されるという特徴もあり、インフルエンザは風邪よりも熱が酷いという傾向があるため、筋肉の痛みも現れやすいということです。もちろん風邪でも高熱が出ればプロスタグランジンが分泌されますし、筋肉が痛むこともあります。通常は熱が下がってくれば自然と筋肉痛も和らいでいくため、リレンザなどで早めにインフルエンザを治療すると良いでしょう。